フォローする

休暇申請時に、「休暇日付は申請可能期間を超えています」表示で申請できない

休暇申請する日付(未来)のカレンダー(日付情報)及び、記録領域が必要です。

・カレンダー(カレンダー作成機能)

・記憶領域(勤怠初期化機能)

休暇申請で、未来の日付を指定する場合に、製品側で未来の日付に該当する

カレンダー情報と記録領域を確保されている必要があります。

その為に、半年等一定期間の単位で2つの情報を更新する必要があります。

 

警告の内容は、申請する休暇日にあたる日付情報や、記録箇所が確認

できないというものです。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。